夏場にお酢の香りでサッパリといただける「鶏肉の香味タレかけ」

鶏肉

今回もシュガーレディの冷凍の「鶏肉」を使って、サッパリと「鶏肉の香味タレ」を作ってみたいと思います。

夏場には、お酢の香りでサッパリとした持って来いの料理だと思います。

何度か作ったことがあるので、時間もそれほどかからず作ることが出来そうです。

鶏肉香味タレかけ タレが美味しい「鶏肉の香味タレかけ」

鶏肉の香味タレかけ

鶏肉

解凍した「鶏肉」は、火が通りやすいように半分の薄さにカットしています。

火の通りを良くするように、全体に包丁の先を使って切れ目を入れています。

「塩」「コショウ」をふって、「小麦粉」をまぶして、焼く準備が完了です。


鶏肉焼き

フライパンに油をしいて、皮の面から焼きます。

ある程度焼けたら、蓋をして蒸し焼きの状態で焼いていきます。


反面焼き

丁度いい頃合いを見計らって、焼き具合を確認します。

ある程度の焦げ目が付いているので、ひっくり返してもう反面も焼きます。

「鶏肉」は、火の通りが良く無いので、ジックリと焼きます。


完成

「鶏肉」が焼き上がりました。

「キャベツ」と一緒に、お皿に盛って出来上がりです。

今までは、付け合わせは「レタス」が多かったのですが、今回は「キャベツ」にしてみました。

我が家では、こういう場合の付け合わせは、どうも「レタス」よりも「キャベツ」の方が良いようです。

自家製の「香味タレ」をかけていただきました。

サッパリとして、とても美味しかったです。

香味タレ

香味タレの材料は、「万能ネギ」「生姜」「ニンニク」を、それぞれ「みじん切り」にします。

次にタレ汁を作ります。

香味タレ
    • 砂糖・・・・・大さじ3
    • 醤油・・・・・大さじ3
    • 酢・・・・・・大さじ3
    • ゴマ油・・・・大さじ2

今日は、少し多めに作っています。

香味タレは、今日は作った後に冷蔵庫で冷やして置きました。

少しで涼しい料理にした方が、この時期は食べやすいですよね。

「お酢」の香りと、「ゴマ油」の風味がとても美味しいです。

鶏肉以外にも合いそうなのですが、まだチャレンジしたことがありません。

次回は他の料理にも使ってみようかと思います。

まとめ

シュガーレディの鶏肉が冷凍庫に必ず入っていますので、鶏肉料理が比較的多いような気がします。

「鶏肉」は、あまり重くないので、とても食べ易いと思います。

歳のせいか、暑くなってくるとどうしてもサッパリとした料理が多くなってしまいます。

それでも「鶏肉料理」は、比較的食べ易いのでとても重宝しています。

まだまだ暑い日が続いているので、「鶏肉料理」が顔を出すことが有ると思います。

これからも『70代家庭の毎日ご飯』を宜しくお願い致します。

2 COMMENTS

70代家庭のご飯ブログ管理人

コメントありがとうございます。
ここのところ、同じような料理が続いております・・・
歳のせいか、なかなか新しい料理にチャレンジ出来ません。
今後とも宜しくお願い致します。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)